ウキ釣り


アタリが出ても乗らない原因は?

タチウオ釣りに関する質問

アタリが出ても乗らない原因は?

タチウオ釣りに関する回答

引き釣りの場合だと、テンヤのサイズが大きかったり、

まっすぐにエサが巻かれていないときは乗らないことがあるでしょう。

ウキ釣りの場合は、ウキに浮力が残り過ぎていたり、ハリが大きすぎたりするのが

原因と考えられます。

タチウオをウキで釣る利点とは?

準備は面倒だけど、夜釣りはウキが便利!

仕掛けのシンプルなルアーで釣る方が、手間はかかりませんが、

ウキ釣りには大きな利点があります。

タチウオでのウキ釣りは、一般的に電気釣りがとても便利です。

真っ暗な海の中でも電気ウキであればとても視認性がいいため、

微かなアタリも見逃すことはありません。

夜はどうしても視界が悪くなるので、電気ウキを点灯させて釣ると、

大変重宝するでしょう。

ウキで釣る場合、エサはイワシキビナゴを使用します。

もし、生きた小アジやイワシが釣れた場合は、生き餌として使用すると、

アタリが来る確率が高くなります。

活性が高いときはタナを浅めにとるといいでしょう。

なお、アワセは基本的にゆっくりと時間をかけるのがポイントですが、

ロッドに適度なアクションを加えることでアタリ回数が増えます。

タイミングが難しいかもしれませんが、ドンと構えてアワセましょう。

タチウオ釣りはルアーとウキ釣りはどちらがいいの?

状況によってルアーとウキ釣りを使い分ける

ルアーとウキ釣りはそれぞれに利点が違います。

ルアーの場合、エサを用意する必要がありませんから、身軽に釣りに行けますし、

タチウオの活性が高くて飛びついてくるような状態であれば、ルアーで釣ると、

大変効率的です。

ただし、胴体にスレ掛かりすることがあるので、注意が必要です。

また、ルアーはタナを広く探りやすく、ウキ釣りと違っていちいち

ウキ止めをずらす必要もありません。

タチウオは時間帯により、回遊するタナが変化しますから、

ルアーで探ればすぐにタナを探り当てることができます。

なお、ルアーにアクションを加えてタチウオの前でアピールすると、

一気に活性が上がって食いつくことがあります。

欠点としてはタチウオの歯の鋭さで、ルアーが使い物にならなくなってしまうことです。

つぎに、ウキ釣りでは、タナを探るのにいちいち引き上げる必要があるので面倒ですが、

じっくりとエサで誘い込み、タチウオを寄せることができます。

太刀魚の引き釣り徹底解説

引き釣りは爆釣が期待できる釣り方

タチウオ釣りでは、ウキ釣りの他に引き釣りも有名です。

タチウオの引き釣りというのは、ウキをつけずに仕掛けにテンヤを使う釣りです。

ロッドはあまり長くないもの、3mほどのシーバス用のロッドや投げ竿。

引き釣りの場合は、手返しを多くするので、竿が短い方が操作しやすく手返しも増えます。

テンヤはタチウオ専用のものが売っています。

引き釣りに使う餌は生きたドジョウ。

ドジョウというのは弾力のある体をしていますので、エサとして使用しても持ちがいいです。

エサはドジョウ以外を使う人もいますが、ドジョウを使う方がベターでしょう。

太刀魚釣り情報21

活きエサですので太刀魚の食いつきもいいですので、

太刀魚釣りは引き釣りが最強だと思います。

ルアーフィッシングと似たような釣り竿の操作で釣っていきます。

引き釣りは仕掛けを投げリールを巻いて餌をひっぱってきて、

ある程度まで近寄ったらまた投げてというのを繰り返す。

かなりの回数投げるので体力的にしんどい面もありますが、爆釣が期待できる釣り方です。

引きのスピードは誘いをかけるような感じで早くなりすぎないようにしましょう。

タチウオ釣りのエサの付け方

波止のタチウオ釣りでは、

ウキ釣り・・・冷凍のキビナゴ

引き釣り・・・生きたドジョウ

が定番です。

キビナゴは、背骨を掛けるように意識して付けるのがコツです。

ドジョウは、引き釣り専用のエサで生きたものがビン入りで販売されています。

ドジョウの場合、ノマセ釣りのように元気に動き回る必要はありませんので、

付けるときは、波止に叩きつけて失神させてから付ける感じで大丈夫です。

1本バリ仕掛けの刺し方

1.冷凍されたキビナゴの目玉からハリを入れ、反対側の目玉に抜く

2.ワイヤ部分まで通し、背中からハリを入れ、背で止まるようにして出来上がり

垂直式2本バリ仕掛けの刺し方

1.冷凍されたキビナゴの目玉からハリを入れ、反対側の目玉に抜く

2.ワイヤ部分まで通し、ボディの真ん中辺りの背中側に下バリを入れ、

背骨で止める

3.上バリをエラブタに掛けて出来上がり

水平式2本バリ仕掛けの刺し方

どちらのハリも背骨をまたいで掛けるようにして出来上がり

(こうすることによってエサ持ちがよくなる)

引き釣りドジョウ

太刀魚釣り情報18
付属の針金を頭部から腹部へあまり疎にならないように巻き付け、腹部まで

巻いたら頭部まで同じようにまき戻し、最後に2本の針金をよじってオモリの

穴に通してとめる。

タチウオ釣りの仕掛け

タチウオの歯は鋭いので、エサやルアー近くの仕掛けは、ワイヤにするようにしましょう。

ウキ釣りの場合は、ワイヤハリス

引き釣りのテンヤのすぐ上やルアーの接続部分には、短めのワイヤリーダーを使います。

ウキ釣りの場合、アタリが遠い場合に食い込みの良いナイロンや、

フロロカーボンハリスをあえて使う場合もあります。

タチウオ釣りの仕掛けは、小物類をいっぱい使います。

(といっても、他の釣りでも使いますが・・・)

ウキ止め糸

タチウオの電気ウキ釣りでも遊動式仕掛けを使用します。

ウキ止めはゴムタイプよりも、摩擦力の強い糸タイプを使うといいでしょう。

タナがズレてくることもあるので、釣行ごとに取り替えるようにしましょう。
太刀魚釣り情報9
シモリ玉・シモリウキ

シモリ玉・シモリウキは、遊動ウキをウキ止め糸部分に停止させるために使うものです。

タチウオ釣りの場合は、小サイズのものにしましょう。
太刀魚釣り情報10
電気ウキ

タチウオ狙いでは、大型のウキを使います。

最近では魚に違和感を与えないよう、3~5号程度の棒ウキタイプ(2点発光)を

使う人が増えてきているようです。
太刀魚釣り情報11
スナップサルカン

遊動ウキ仕掛けを作るための連結金具です。

スナップサルカンは、電気ウキの管部分に取り付けます。
太刀魚釣り情報12
クッションゴム付きオモリ

釣り場の状況にあわせ、3~5号を使用します。

軽いオモリの場合、キビナゴをエサにつけた場合は、ウキが沈んでしまいます。

またタチウオの強烈な引きから衝撃を吸収してくれますので、役立ちます。
太刀魚釣り情報13
からまん棒

からまん棒は、スナップサルカンのすぐ上の位置に、ゴムカンでからまん棒を

固定しましょう。
太刀魚釣り情報14
アタリがあってもなかなか針に乗ってくれないのがタチウオ釣りです。

最近では水平に針が数本ついたタイプと、垂直に針が数本ついたタイプがよく

売れていますが、タチウオの場合、歯がノコギリのような形になっていますので、

ハリスを使うとき、通常のナイロンにしてしまうと噛み切られてしまいます

食い込みを重視し、どうしてもナイロンハリスを使う場合は、チモトにビニールパイプなど

被せるといいでしょう。

なお、食いちぎられることを念頭に置いて、仕掛けのスペアは5~6セット持っていくと

困りません。

ケミホタル

タチウオは、光るものに近づいてくるので、ケミホタルを使用してみましょう。

タチウオ専用のケミホタルサイズは50mm、75mm、100mmの3種類があります。
太刀魚釣り情報15
玉アミ(タモ)

海面まで高さのある堤防などから竿を出す場合を考え、5m前後のものを持参する

といいでしょう。
太刀魚釣り情報16
キビナゴ

タチウオ釣りで使うキビナゴは冷凍物を使います。

ただし、風にあたると乾燥してしまうので、使う分だけクーラーから取り出すようにしましょう。
太刀魚釣り情報17

タチウオ釣りに出る前の準備

ルアーは準備なしでも大丈夫

ルアーのいいところは、タックル一式を揃えてさえいれば、突然あなたが

「明日の朝早くにタチウオを釣りに行きたい」と思っても、

翌朝道具だけ積んでいけば大丈夫、という気軽さです。

ウキ釣りはエサを用意

ウキ釣りの場合は、キビナゴを事前に購入して準備しておく必要があります。

キビナゴの冷凍ものを使う場合は、解凍しておかないと、

当日ガチンガチンに凍っているので使えません。

その他の準備

● タックル一式

ルアー、ウキ釣りによりタックルをそれぞれ揃えます。

● ヘッドライト

夜釣りの必須アイテムです。

● ケミホタル

これも夜釣りで使用します。

タチウオは光るものに近づくので仕掛けにつけて寄せます。

● 玉網

タチウオは体長が長く、くねくねとした動きをするので、釣り上げても逃げられる場合があります。

その前に玉網でキャッチします。

● クーラー

● 消毒液と包帯、バンドエイド

タチウオは鋭い歯を持っているので指を噛まれると、出血して大きな傷ができます。

万が一に備えておきましょう。

タチウオ釣りのポイントの選び方

どこを狙えばいいのか

タチウオ釣りでは、潮の流れの良い波止場や、橋の傍が狙い目になっています。

タチウオは肉食魚なので、小魚の群れが集まる場所にやってきます。

そのため、夜間では照明がついているところに小魚を狙ってやってくることもあります。

そして重要なのが、タナの選定です。

タナは状況によって変化するため、アタリが来るポイントを見つけるためには、

こまめにタナを探ってみる必要があります。

活性が高い時には浅いタナ、低いときには深いタナにいることが多いようです。

ウキ釣りでタナを探るのは面倒ですが、こまめに探るとアタリのタナがわかるので

やってみましょう。

波止場の場合、堤防の先端などにタチウオの群れが溜まっていることがありますので、

ぜひ狙ってみて下さい。

コマセで寄せて釣る場合は、活きのいいアジやイワシの身を撒くと効果があるようです。

また、イワシはタチウオの好物なので、

生きた小さいイワシをエサに釣ってもいいでしょう。

太刀魚釣りでのロッドの選び方

ロッドは安物を選ぶな!

タチウオ釣りで安物のロッドを使うと、99%後悔するはずです。

少し腰のあるハードタイプのロッドを選び、

遠くまでキャストできるいい品物を手に入れて下さい。

竿先の感度も、重要な要素です。

安物だと、ウキ釣りの場合では、仕掛けを振り込んだときにエサが外れてしまいます。

なお、一日中、ロッドを手で持ち続けるので、疲れてしまわないように

軽めのものを選ぶとよいでしょう。

シャクリやすいロッド

タチウオ釣りではシャクリで魚にアピールしてやる必要がありますので、

腕が疲れず、感度の良いものを選ぶと、釣果が格段にあがります。

シャクリに反応したタチウオを上手にアワセるには、

ロッドに伝わってくるアタリを見分けることも大事です。

お見せでロッドを選ぶときには、シャクリやすいロッドを見つけて下さい。

タグ

最新情報