アクション


タチウオ釣りはルアーとウキ釣りはどちらがいいの?

状況によってルアーとウキ釣りを使い分ける

ルアーとウキ釣りはそれぞれに利点が違います。

ルアーの場合、エサを用意する必要がありませんから、身軽に釣りに行けますし、

タチウオの活性が高くて飛びついてくるような状態であれば、ルアーで釣ると、

大変効率的です。

ただし、胴体にスレ掛かりすることがあるので、注意が必要です。

また、ルアーはタナを広く探りやすく、ウキ釣りと違っていちいち

ウキ止めをずらす必要もありません。

タチウオは時間帯により、回遊するタナが変化しますから、

ルアーで探ればすぐにタナを探り当てることができます。

なお、ルアーにアクションを加えてタチウオの前でアピールすると、

一気に活性が上がって食いつくことがあります。

欠点としてはタチウオの歯の鋭さで、ルアーが使い物にならなくなってしまうことです。

つぎに、ウキ釣りでは、タナを探るのにいちいち引き上げる必要があるので面倒ですが、

じっくりとエサで誘い込み、タチウオを寄せることができます。

タチウオの攻め方

パターンを見極める

タチウオは簡単な仕掛けで釣れる反面、アタリをアワセるのが難しく、

フッキングにテクニックがいります。

タチウオを攻略するには、その日のフィールドでのタチウオのパターンを、

素早く見極めることが重要です。

広くて障害物のないフィールドであれば、釣れそうなポイントで

タナを探ってみて下さい

アタリのタナを見つければ、そこを徹底的に攻めます

アタリがあった場合でも、タチウオのバイトの様子から、その日の活性がわかります。

活性が高いと、仮にアワセを逃しても、再度アタリがきます。

先調子のロッドであれば、ラインの操作も繊細にできますので、

少し手前に引いて流してやる作業を繰り返し、誘ってみましょう。

動かないエサには反応を示しませんので、置き竿は厳禁です。

ちょっとしたアクションを加えてやることで活性が上がりますから、

踊るように竿先で操作してみて下さい。

タグ

最新情報