タチウオ豆知識

幽霊魚? ドラゴン?

タチウオの異名は非常にユニークなものです。

イワシやアジをどん欲に追い散らし、一瞬ドキッとするようなギョロ目の

怪異な姿から、「海のギャング」と渾名されてもいます。

そのほか、大型のタチウオは「ドラゴン」と呼ばれたり、

どこでアタリが来るかはっきりとわからないせいで「幽霊魚」

などと呼ばれることもあります。

旺盛な食欲のため、アタリを一度逃しても、もう一度食いついてきますが

用心深い一面もあり、動きもないルアーは「死んでいる」と判断して、

近づこうともしません

昔はマニキュアの材料だった?

ギラギラと輝く、タチウオの見事な魚体は、日本刀のように美しいものです。

しかし、このギラギラ、実は昔、マニキュアの材料として使用されていたことが

あったそうです。

タチウオの体のギラギラは、グアニンという魚類の体表を構成している物質で、

サンマにも同じものが含まれています。

現在はマニキュアの材料にはあまり使われていないようです。

あなたが次回タチウオを釣ったとき、タチウオのギラギラをじっくりと

観察してみて下さい。

タグ

最新情報