逃げられても、食わせるタチウオ釣りテクニック

アタリがあって逃がしても、もう一度食いつく?

タチウオを釣ったことのある方ならご存知でしょうが、タチウオはアタリがあって

アワセが早すぎて逃がしてしまった場合でも、もう一度食いついてくることが

よくあります。

ですから、アワセるタイミングを間違えて、「しまった!」と思っても、

慌てて仕掛けを上げないようにして下さい

アタリがあった場所のタナを探れば、もう一度食いついてくれるチャンスがあります。

また、このような場合には、タチウオに対して誘いをかけるのも有効な戦略です。

たとえば、ラインを少し引いて戻す動きをしてやったり、

こきざみに揺さぶる方法も有効です。

アタリがあってから誘う戦略も有効ですので、誘って食わせる釣りの面白さを

最大限に味わうことができます。

うまく誘えるようになると、ゲーム感覚になってくるので、

やり取りを楽しめるようになってくるでしょう。

タグ

最新情報