タチウオ釣りのエサの付け方

波止のタチウオ釣りでは、

ウキ釣り・・・冷凍のキビナゴ

引き釣り・・・生きたドジョウ

が定番です。

キビナゴは、背骨を掛けるように意識して付けるのがコツです。

ドジョウは、引き釣り専用のエサで生きたものがビン入りで販売されています。

ドジョウの場合、ノマセ釣りのように元気に動き回る必要はありませんので、

付けるときは、波止に叩きつけて失神させてから付ける感じで大丈夫です。

1本バリ仕掛けの刺し方

1.冷凍されたキビナゴの目玉からハリを入れ、反対側の目玉に抜く

2.ワイヤ部分まで通し、背中からハリを入れ、背で止まるようにして出来上がり

垂直式2本バリ仕掛けの刺し方

1.冷凍されたキビナゴの目玉からハリを入れ、反対側の目玉に抜く

2.ワイヤ部分まで通し、ボディの真ん中辺りの背中側に下バリを入れ、

背骨で止める

3.上バリをエラブタに掛けて出来上がり

水平式2本バリ仕掛けの刺し方

どちらのハリも背骨をまたいで掛けるようにして出来上がり

(こうすることによってエサ持ちがよくなる)

引き釣りドジョウ

太刀魚釣り情報18
付属の針金を頭部から腹部へあまり疎にならないように巻き付け、腹部まで

巻いたら頭部まで同じようにまき戻し、最後に2本の針金をよじってオモリの

穴に通してとめる。

タグ

最新情報