太刀魚釣り道具・装備


太刀魚釣りではルアーを使うのが簡単

気軽に釣れるルアーフィッシング

タチウオではエサ釣りも可能ですが、ルアーで釣れるので、こちらの方がお手軽です。

仕掛けもシンプルに、ソルトウォーター用のロッドスピニングリール

ナイロンラインワイヤーリーダールアーがあれば大丈夫です。

特にこのワイヤーリーダーはタチウオ釣りは必須です。

タチウオの鋭い歯は、ラインを噛み切ってラインブレイクを起こしかねませんので、

タチウオ狙いでは必須アイテムです。

ルアーをロストすると、もったいないことになってしまうので、

きちんと揃えておきましょう。

そして、ルアーもかなり摩耗が激しくなりますので、高価なものは避けた方が賢明です。

人気のあるルアーは、バイブレーションで、振動でタチウオにアピールします。

スピンテールも夕日の明るい時間帯であれば、抜群に効きます。

ワームも大変食いつきがいいのですが、前述のとおりタチウオに噛み付かれると

使い物にならなくなってしまうため、コストが少々高くつきます。

太刀魚釣りでのロッドの選び方

ロッドは安物を選ぶな!

タチウオ釣りで安物のロッドを使うと、99%後悔するはずです。

少し腰のあるハードタイプのロッドを選び、

遠くまでキャストできるいい品物を手に入れて下さい。

竿先の感度も、重要な要素です。

安物だと、ウキ釣りの場合では、仕掛けを振り込んだときにエサが外れてしまいます。

なお、一日中、ロッドを手で持ち続けるので、疲れてしまわないように

軽めのものを選ぶとよいでしょう。

シャクリやすいロッド

タチウオ釣りではシャクリで魚にアピールしてやる必要がありますので、

腕が疲れず、感度の良いものを選ぶと、釣果が格段にあがります。

シャクリに反応したタチウオを上手にアワセるには、

ロッドに伝わってくるアタリを見分けることも大事です。

お見せでロッドを選ぶときには、シャクリやすいロッドを見つけて下さい。

太刀魚釣りでのハリスの選び方

ナイロンハリスかフロロカーボンを選択

タチウオ釣りでは、常にハリスの状態に気を配る必要があります。

鋭い歯で食いつきますから、ルアーやタックルはすぐに

ボロボロの状態になってしまうからです。

当然、ハリスにも傷が入りやすく、そのまま釣っていると、肝心のアタリが来たときに

ラインブレイクを起こして逃がしてしまう原因になってしまいます。

ですから、タチウオを釣り上げた後は、必ずハリスの状態を指でチェックして下さい

また、ハリスはナイロンハリスかフロロカーボンを使用するとよく食いついてくれます。

太さは5~6号程度で十分です。

ただ、ナイロンが切られてしまう場合は、ワイヤーハリスに変えると、

食いは悪くなりますが切られることはありません。

ナイロンを切られないようにするには、タチウオに仕掛けを深く飲み込ませないことです。

アタリが来たらラインを軽く張って、竿先を上に引き上げるようにして

軽くアワセるのがコツです。

タグ

最新情報