太刀魚釣り実釣テクニック


タチウオ釣りのコツ

タチウオは捕食がヘタクソ! ゆっくり食いつくまで待とう

タチウオはあまり機敏な動きができない魚で、エサを狙って食いつくまでに

とても時間がかかります。

ですからアタリが来ても、遅めにアワセる必要があります。

ルアーでラインを巻く場合でも、スピードが早過ぎると逃げられてしまいます。

「少し、遅いかな」と心持ち思うくらいのスピードで、

ゆっくり巻くとうまくいくでしょう。

釣れないときには…

タチウオの活性が低く、食い渋りがひどいときには、ルアーをワームに変えると、

飛びつくように食いついてくることがあります。

ワームは消耗が激しいのでコストを考えると厳しいかもしれませんが、

食い渋るときには必殺のアイテムになりますので、覚えておくと役に立つでしょう。

そのほか、タチウオは赤や金色の派手なルアーのカラーが好きなようです。

釣れないときにはカラーの違うルアーを試してみると変化があるはずです。

タチウオをウキで釣る利点とは?

準備は面倒だけど、夜釣りはウキが便利!

仕掛けのシンプルなルアーで釣る方が、手間はかかりませんが、

ウキ釣りには大きな利点があります。

タチウオでのウキ釣りは、一般的に電気釣りがとても便利です。

真っ暗な海の中でも電気ウキであればとても視認性がいいため、

微かなアタリも見逃すことはありません。

夜はどうしても視界が悪くなるので、電気ウキを点灯させて釣ると、

大変重宝するでしょう。

ウキで釣る場合、エサはイワシキビナゴを使用します。

もし、生きた小アジやイワシが釣れた場合は、生き餌として使用すると、

アタリが来る確率が高くなります。

活性が高いときはタナを浅めにとるといいでしょう。

なお、アワセは基本的にゆっくりと時間をかけるのがポイントですが、

ロッドに適度なアクションを加えることでアタリ回数が増えます。

タイミングが難しいかもしれませんが、ドンと構えてアワセましょう。

タチウオ釣りはルアーとウキ釣りはどちらがいいの?

状況によってルアーとウキ釣りを使い分ける

ルアーとウキ釣りはそれぞれに利点が違います。

ルアーの場合、エサを用意する必要がありませんから、身軽に釣りに行けますし、

タチウオの活性が高くて飛びついてくるような状態であれば、ルアーで釣ると、

大変効率的です。

ただし、胴体にスレ掛かりすることがあるので、注意が必要です。

また、ルアーはタナを広く探りやすく、ウキ釣りと違っていちいち

ウキ止めをずらす必要もありません。

タチウオは時間帯により、回遊するタナが変化しますから、

ルアーで探ればすぐにタナを探り当てることができます。

なお、ルアーにアクションを加えてタチウオの前でアピールすると、

一気に活性が上がって食いつくことがあります。

欠点としてはタチウオの歯の鋭さで、ルアーが使い物にならなくなってしまうことです。

つぎに、ウキ釣りでは、タナを探るのにいちいち引き上げる必要があるので面倒ですが、

じっくりとエサで誘い込み、タチウオを寄せることができます。

逃げられても、食わせるタチウオ釣りテクニック

アタリがあって逃がしても、もう一度食いつく?

タチウオを釣ったことのある方ならご存知でしょうが、タチウオはアタリがあって

アワセが早すぎて逃がしてしまった場合でも、もう一度食いついてくることが

よくあります。

ですから、アワセるタイミングを間違えて、「しまった!」と思っても、

慌てて仕掛けを上げないようにして下さい

アタリがあった場所のタナを探れば、もう一度食いついてくれるチャンスがあります。

また、このような場合には、タチウオに対して誘いをかけるのも有効な戦略です。

たとえば、ラインを少し引いて戻す動きをしてやったり、

こきざみに揺さぶる方法も有効です。

アタリがあってから誘う戦略も有効ですので、誘って食わせる釣りの面白さを

最大限に味わうことができます。

うまく誘えるようになると、ゲーム感覚になってくるので、

やり取りを楽しめるようになってくるでしょう。

タチウオの攻め方

パターンを見極める

タチウオは簡単な仕掛けで釣れる反面、アタリをアワセるのが難しく、

フッキングにテクニックがいります。

タチウオを攻略するには、その日のフィールドでのタチウオのパターンを、

素早く見極めることが重要です。

広くて障害物のないフィールドであれば、釣れそうなポイントで

タナを探ってみて下さい

アタリのタナを見つければ、そこを徹底的に攻めます

アタリがあった場合でも、タチウオのバイトの様子から、その日の活性がわかります。

活性が高いと、仮にアワセを逃しても、再度アタリがきます。

先調子のロッドであれば、ラインの操作も繊細にできますので、

少し手前に引いて流してやる作業を繰り返し、誘ってみましょう。

動かないエサには反応を示しませんので、置き竿は厳禁です。

ちょっとしたアクションを加えてやることで活性が上がりますから、

踊るように竿先で操作してみて下さい。

タチウオが釣れないときの対処法

釣れないときは、タナを変えよう

タチウオは回遊魚ですので1ヶ所に止まらず、天候状況、時間帯により

泳ぐタナを変えていますが、エサに食いつくのは決まったタナです。

ですから、いかにしてアタリが来るタナを見つけるかが、その日の釣果を

分けますので、地元のアングラーにアタリの多いタナがどこが教えてもらったり、

あるいはボート釣りをする場合は、船長に尋ねてみましょう。

生き餌が大好き! ワームにも食いつきます

タチウオはルアーでも釣れますが、生き餌を使った場合の食いつきには到底及びません。

ですから、食い渋るときの必殺技としては、生き餌を投入することです。

活きのいいイワシやアジがいれば、タチウオはそこを目がけて襲いかかってきます。

小魚にも食いつきますが、実はワームも大好きです。

ですが、数回の使用でワームは食いちぎられ、傷だらけになるので注意しましょう。

太刀魚釣り情報22

季節に応じたタチウオの釣り方

秋になると一日中釣れる!

タチウオの釣れるベストシーズンはズバリ!秋になります。

朝マズメ夕マズメであれば、入れ食い状態も夢ではありません。

タチウオ釣りは元々大変人気のある釣りですから、オンシーズンともなると、

釣り場では多くの釣り人が座を構えています。

良いポジションをゲットすることも大事なポイントですので、普段から良く行く

フィールドの情報を仕入れておいて下さい。

秋には産卵のために小魚を追って岸近くに寄ってきます。

タチウオの群れが回遊してくるので、タナを確認して狙うと、爆釣を楽しめます。

この状態になると、アワセがついつい早くなりますから、

ゆっくりめを心がけるようにしましょう。

秋は産卵期の荒食いで、タチウオの活性が高いシーズンですから、昼間でも狙え、

一日中釣れます。

タナを探る際は、タチウオを誘うようにゆっくりと巻いていくと、突然

強烈なアタリが来ることもあります。

タグ

最新情報